カードローンで審査に通る合計金額の基準

お金に困ったときに簡単な手続きで融資を受けることができるのがカードローンですが、借りることができる金額が決まっています。
その合計金額を知っておくと便利でしょう。
基準がありますので、複数のカードローンと契約をする場合は知っておいた方が良いです。
合計は収入の3分の1以上を超えるようなことになると、カードローンの契約締結が難しくなります。
これは曖昧な基準ではなく、総量規制といった制限から成り立っており、主に消費者金融に該当する義務です。
年収の3分の1を超えるキャッシングは消費者金融ではできなくなっていますが、銀行カードローンはその総量規制に該当しません。
よって消費者金融から借りることができなくなれば、銀行カードローンで借りるというのもひとつの方策。
しかしそれでも年収の3分の1を超えるようなことになると、融資金額の回収ができなくなる恐れがあることから、銀行であっても融資を渋るようになるのが一般的です。
合計金額としてどのくらいまで借りることができる?といった疑問を持つ人も多いですが、その目安は年収の3分の1にしておくとわかりやすいでしょう。
これは利用者にもメリットがあり、これを超えるようなことになると返済も厳しくなります。